楽しいクラスになりました.

スタジオでダンサーの為の動きのクラスが始まって2回目。
外部レッスンで何度も経験させてもらったことと私自身、ダンサーであったこと
マイムや芝居もやってる舞台人間である経験が生かされる時がきたな~って思う。

背骨と骨盤の動きをさがそう!をテーマに和気藹々の雰囲気でした。
私もそうでしたが、ダンサーの方の脳みそは少しばかり一般の人より筋肉質
になってるんじゃないかなって・・・・・・私の友人は全部筋肉になっってます?

小さな動きはいらいらしたりします。ゆっくりより早く強く動こうとします。
言葉でのレッスンもじれったく、ことばで動きをとらえられない感じがあったりし
ます。でも体全部、感覚全部が表現する道具。その道具の可能性を狭めるの
も広げるのもそれを持ってる持ち主自身。

広げよう!自分を信頼して動いてほしい。感じてほしい!
いまならその手伝いができると思う。

少しずつ体のあり方や動きの質に興味を持ってもってもらい、レッスンが楽しめ
るようやっていきたので、参加者同士でお互いの体に触れることもやっていこうと
思う。

今回は、お互いの背骨を探したり、骨盤の動きを感じたり、体を知ることから始めた。
みんさなん「背骨みつからな~い」「うまってる~」など、思っていたのと違う背骨
の様子や、骨盤の動きに、「へー」「気持ちいい」「結構動かない」とか楽しそうに
お互いの体に触れていました。みんなでレッスンしてるんですものね。自分との
コミュニュケーションも大事、でも一緒にレッスンしてる人同士の興味を通じての
コミュニュケーションも楽しい。レッスンは楽しいのがいい。それ私の基本です。

四つんばいでの動きでバレエダンサーの方が「あれっ?動けない?動かない!」
っていいながら、あれこれ試してしばらくして「あぁ~自分で動きとめてた~」って
ごろんと横になって休んでからニコっとしてました。

そういうときみなさんニコってするんですよね。何であっても今まで気づかなかった
事が見つかると、新鮮で面白いんじゃないかなって思います。
いっぱい見つけてほしいな!
[PR]
by ike-felden | 2010-11-19 10:12