肩胛骨で空を飛ぶ!

私は小さい頃長屋に住んでいました。
長屋の周りに垣根があって、子供の頃はその垣根を高く感じていました。

夢でよく空を飛んでいました。

なぜか垣根を泳ぐ様に飛んでいました。

時々、下を人が歩いていて「飛んでるね~」って声をかけてくれました。
あっ!良し、もっと高く上がろう!そう思って一生懸命羽ばたかせるんですが、
やっぱり垣根の高さを泳いでいる。

そういえば脚は平泳ぎの脚でした。
あれは、飛んでいたのではなくて泳いでいたんだ~

今は飛べる気がする。
人の身体のイメージは自由だなもの~

肩胛骨もとっても自由になってる。

子供の頃は空想癖いっぱいで、夢も現実の区別がつかなかった。
いろんなところに飛んでいった。

物心ついて飛べなくなった。
でも身体は効く方だったので、鍛えたし強くなった。
で壊れた。
よく動く肩胛骨でしたが、自由なイメージはもってなかった。

今のほうが脳みそが自由だ。

肩胛骨で空を飛ぶよ~

鳥になるよ~
[PR]
by ike-felden | 2013-08-27 13:54 | ■肩胛骨で空を飛ぶ