自分の感覚でいいんだということ・・・

自分の感覚でいいんだということ・・・自分の感覚しかないということ・・・自分の感覚を信じるということ・・って今ここにいる自分で動けばいいってことなんだよね。

体感してきたことしか自分の中にはないし体感してきたことは信じられるけどそういう過去の体験で表現してる分けではないんですよね。作品を作るときは体験や体感してきた自分の感覚や思考で作るんだけど、それをそのまま表現するわけではないんだなぁ。そのときその場にいる自分とお客様の空気でドンドン変わる。たった今そこにいる自分がそこにいる人たちに向けていまを表現してる。舞台は花火みたい。一瞬で終わる。ながーい準備、稽古も本番の数十分で弾けて終わる。舞台が終わったら今日の私しかいない。いまを体感しながらの今。

舞台でもどんな方法で表現してもいいと思う、ほんとに表現は自由なの・・・。

フェルデンクライスは私に自分の感覚を信じていいという安心をプレゼントしてくれた。

プラクティショナーとして相手に接するときに「自分の感覚を疑わないで信じてくださいね」っていう安心をプレゼントできたらいいな。



………………………………………………………………………………………………………★フェルデンクライスワークショップ・オープンクラススケジュールフェルデンクライス埼玉
………………………………………………………………………………………………………
[PR]
by ike-felden | 2009-03-10 15:52 | ♪ひとりごと