母のふるさと

d0132878_23122178.jpg


公演が終わって次の公演の準備もあるが少し時間が出来たので
母と尾道に行った。尾道は母の生まれ故郷。母は16年ぶり
私は4才の時に行ったきりだから半世紀ぶり位かなぁ?

駅に着いた途端母の足は速くなった!

親戚のお店に向かっていた。

山も階段もしゃかしゃか登っていった。

尾道の人は足腰が強い。

尾道では山や階段を登らないと行きたいところに行けない。

因島にも行った。

因島では人があまり歩いていなかった。

やっと通りかかった自転車にのった男の人に道を尋ねたら・・・

「わたし よく わからないね」と・・・・外国の人だった。

その次にあった人も 「わからなーい」・・・・また外国の方でしたぁ~

母が「やっと人がいたと思ったら外国人だったねぇ~」と言った。

そこで一句
因島 道尋ねたら 外国語 

因島の五百羅漢に行ってみた(登った)

d0132878_23145810.jpg


高かったぁ~母はすいすい登ってた。


母は気が向けばフェルデンクライスのレッスンを受けに来る。

気が向かないと来ない・・身体のバランスは年齢のわりにはいいと思う。

自分流の体操も気が向けばやっている。それが結構的を得ている母にあった体操なのだ。

そういうこともあってか母はとってもよく歩いた。登った。で私の高所恐怖症を笑った。

私は高いところは苦手で泣きそうになったが母の為に登った。

モノレールでは母にしがみついてしまった。

母が楽しそうでよかった~


d0132878_23153591.jpg

[PR]
by ike-felden | 2009-03-23 19:14 | ♪ひとりごと