「ほっ」と。キャンペーン

休みながら

一時体調を崩しましたが、回復しています。

無理しないやりかたでちょっとづつ作品作りたいな~

d0132878_23563598.jpg

[PR]
by ike-felden | 2014-10-07 11:38 | ■肩胛骨で空を飛ぶ

小さな羽の動き

顎と舌と肩胛舌骨筋ゆらゆらさせると小さな羽がよく動く。
[PR]
by ike-felden | 2014-02-01 17:29 | ■肩胛骨で空を飛ぶ

空を飛ぶ夢

夢の始まりは、夢。

たかいところから、傘をさして、よく飛び降りていました。
空中間を味わいたくて、・・・傘だとすぐ着地。

ブランコを思い切り揺すって思いっきり、飛び降りようとして足下がぐらついて、思いっきり地面にたたきつけられ歯がおれました。

それでも懲りずに、ぐるぐる回るのにぶら下がって振り落とされて、痛かった。

ふわりと空を飛んでみたい。

夢でも垣根の高さから、なかなか上にあがっていかないです。

ふわりと飛んでみたいです。
[PR]
by ike-felden | 2013-10-15 18:43 | ■肩胛骨で空を飛ぶ

垣根の高さから・・・。

夢の中で垣根の高さを飛んでる・・というか垣根の高さから上に上がっていかないのを最近思い出した。

あれは浮いていたのか?泳いでいたのか?・・・あれからから早うん十年!?

あのときは肩胛骨の動きが泳ぐ動きになっていたんだ。、はたと気づいた最近の私。

水泳が得意で、平泳ぎの選手にもなったことがあったっけ。

そっか、そっか~泳いじゃったのね~

今度は肩胛骨で空を飛ぶよ~

いま「肩胛骨で空を飛ぶ!」執筆中!

来年中には・・・・・ね。
[PR]
by ike-felden | 2013-09-10 18:39 | ■肩胛骨で空を飛ぶ

背骨よ!

私の背骨は変形している。痛みもある。でも動ける。
フェルデンクライスに出会わなかったら、今頃背中や股関節の痛みに悩まされていただろう。
今でも痛みが無いわけではないが、マイムもできるダンスも無理しなければ踊れる。省エネダンス、省エネマイム!

私の背骨!動いてくれてありがとね。

大変だよね~私を支えるの。仲良くしていこうね。
[PR]
by ike-felden | 2013-09-03 16:47 | ■肩胛骨で空を飛ぶ

肩胛骨で空を飛ぶ!

私は小さい頃長屋に住んでいました。
長屋の周りに垣根があって、子供の頃はその垣根を高く感じていました。

夢でよく空を飛んでいました。

なぜか垣根を泳ぐ様に飛んでいました。

時々、下を人が歩いていて「飛んでるね~」って声をかけてくれました。
あっ!良し、もっと高く上がろう!そう思って一生懸命羽ばたかせるんですが、
やっぱり垣根の高さを泳いでいる。

そういえば脚は平泳ぎの脚でした。
あれは、飛んでいたのではなくて泳いでいたんだ~

今は飛べる気がする。
人の身体のイメージは自由だなもの~

肩胛骨もとっても自由になってる。

子供の頃は空想癖いっぱいで、夢も現実の区別がつかなかった。
いろんなところに飛んでいった。

物心ついて飛べなくなった。
でも身体は効く方だったので、鍛えたし強くなった。
で壊れた。
よく動く肩胛骨でしたが、自由なイメージはもってなかった。

今のほうが脳みそが自由だ。

肩胛骨で空を飛ぶよ~

鳥になるよ~
[PR]
by ike-felden | 2013-08-27 13:54 | ■肩胛骨で空を飛ぶ

役者という生き物語

役者さん達が好きだ。

先日もクラスを受けて下さってる女優さん3人が出ている芝居を見ました。
とても面白かった。笑った。

日常ではない世界で尋常ではない突き抜け方をしていた~
普段の穏やかでほんわかした感じとは違う。

あれだけ突き抜けたら、おもしろいだろうなぁって思う。

役者さん一人一人にオリジナルな生き方がありオリジナルな人生のストーリーがあると思う。
そのストーリーを持つ人達が、舞台でまた違うストーリーを演じる。演じてるけど演じてない。リアリティーを感じる。現実にはありっこない表現だがリアリティーを感じる。イメージと感覚と動きが自由に使えてるときリアリティーを増すってこういうことなんだなって思う。突き抜けて突き抜けて結構冷静だったり・・・・バランス感覚保ってたり・・

役者さんという生き物語だなぁ。

フェルデンクライスのレッスンでは役者さん達に私がたくさんシェアしてもらってる。
レッスンを通して感じたことを話して下さるときの、感覚を言葉で表現する豊かさを感じる。

私はマイマーで芝居はちょっとやったことがあるという程度で、本格的に取り組んではこなかった。
マイムが好きだからマイムをやってきた。でも・・・役者さんにあこがれる今日この頃。

d0132878_14432142.jpg

[PR]
by ike-felden | 2012-07-19 14:29 | ■肩胛骨で空を飛ぶ

空だって飛べるんだ~

イメージって想像?現実?

イメージしてる今の自分は現実。

イメージしてることはもう起こってること。

私、空を飛んでまーす。

肩胛骨に羽が生えてる~

良い感じで動いてまーす。

反対側をイメージで動くだけがイメージを使うってことじゃないよ~

イメージってもっと自由だよ~
[PR]
by ike-felden | 2012-04-25 12:10 | ■肩胛骨で空を飛ぶ

マイムの壁って、やってる振りしてるわけじゃないんです。

壁の厚さも冷たさも堅さも感じているんです。

イメージすることで体の使い方も筋肉の使い方も違います。

硬くて重い、軽くて柔らかい・・・全く動きの質は変わります。

意識して変えてるわけではないです。

体の使い方も重たいイメージだと重たく使うし、軽いイメージなら軽く使います。

イメージで自由に使える。

マイムやるとき、ものを持ってやってと頼まれると、断ること多いです。

ものを持ったとたん自由じゃなくなるし動きが制限されること多いんです。

体も同じ。

d0132878_1943319.jpg

[PR]
by ike-felden | 2012-02-15 17:18 | ■肩胛骨で空を飛ぶ

私のフェルデンクライスコミュニティーはたった一人の犬の散歩をしていたご婦人から始まりました。今でもその日の情景ははっきり思い出せます。目のくりくりしたかわいいわんこをつれた品のいいご婦人でした。そのご婦人は今でも毎週レッスンに来て下さっています・・・・・フェルデンクライスのコミュニュティーをテーマに原稿を書く機会をいただいてどうしようと思っていました。私のイメージできるコミュニュティーは日本でも世界でもないんです。私の育ったこの街です。この街で多くの人が「フェルデンクライスね。そりゃぁ聞いたことあるさ!」と言われるようになりたいです。できれば「レッスン受けたよ!」「あの人さ、フェルデンとか言うのやってんだんべ!」と街中の人に言われるようになりたいです。emoticon-0102-bigsmile.gif

まだ教え初めて10年ですが、レッスンを通して、人の行動の変化を目の当たりにして、フェルデンクライスのすばらしさを深く感じます。人は自分の学びの方法を見つけると自分を信頼し動き出しますね。人それぞれの時間のかかりかたで、本人が気づいていくプロセスは様々ですが、ほんとうに興味深く、人の可能性を肌で感じ信じることができます。この小さなコミュニティーとともに私もプラクティショナーとして成長したいです。人間としても豊かになりたいです。この仕事を長く続けて生きてゆきたいです。

現在様々な状況の中、私自身も今までにない重苦しい感覚が出たり入ったりしています。自然の中で生きる生きものとして本能的に不安を感じているのかもしれません。そういうなかで、フェルデンクライスへの信頼が私に安定をもたらしてくれます。
[PR]
by ike-felden | 2011-04-16 07:46 | ■肩胛骨で空を飛ぶ