役者という生き物語

役者さん達が好きだ。

先日もクラスを受けて下さってる女優さん3人が出ている芝居を見ました。
とても面白かった。笑った。

日常ではない世界で尋常ではない突き抜け方をしていた~
普段の穏やかでほんわかした感じとは違う。

あれだけ突き抜けたら、おもしろいだろうなぁって思う。

役者さん一人一人にオリジナルな生き方がありオリジナルな人生のストーリーがあると思う。
そのストーリーを持つ人達が、舞台でまた違うストーリーを演じる。演じてるけど演じてない。リアリティーを感じる。現実にはありっこない表現だがリアリティーを感じる。イメージと感覚と動きが自由に使えてるときリアリティーを増すってこういうことなんだなって思う。突き抜けて突き抜けて結構冷静だったり・・・・バランス感覚保ってたり・・

役者さんという生き物語だなぁ。

フェルデンクライスのレッスンでは役者さん達に私がたくさんシェアしてもらってる。
レッスンを通して感じたことを話して下さるときの、感覚を言葉で表現する豊かさを感じる。

私はマイマーで芝居はちょっとやったことがあるという程度で、本格的に取り組んではこなかった。
マイムが好きだからマイムをやってきた。でも・・・役者さんにあこがれる今日この頃。

d0132878_14432142.jpg

[PR]
by ike-felden | 2012-07-19 14:29 | ■肩胛骨で空を飛ぶ

からだスタジオシャイン7・8月の臨時休業日のお知らせ
下記の日程でお休みさせて頂きます。

*7月28日(土)
*8月11日~15日お盆休み
[PR]
by ike-felden | 2012-07-12 16:09