人気ブログランキング |

鉄の発作

4月からわんこたちと同じ部屋で寝るようにしています。高齢になり心臓も悪いかなちゃんと夢太郎とできるだけ一緒にいたいということもありました。
夢太郎とかなちゃんは落ち着いています。去年発作を起こした鉄もお薬を飲むようになってからは発作がおこらなくなっていました。
先週の日曜日、ガタガタと音がするので目が覚めました。銀ちゃんが体を掻いてるのかなと、ゲージをのぞいたら鉄が痙攣を起こしていました。前回の時、獣医さんから、痙攣を起こしても慌てず様子を見てください、すぐに収まりますからと言われていたので、そっと体をさすりながら大丈夫だよと声をかけていました。いったんおさまりましたが、しばらくしてまた痙攣し始めました。ばたばたと暴れてこれは尋常ではないと思いました。暴れているので私一人で連れて行くのは無理なのと、たとえゲージに入れたとしても暴れて危険です。主人が急いで準備してくれて獣医さんに。酸素吸入、酸素室、発作が収まるまでかなりの時間がかかったように感じます。どこまでが発作でどこからが鉄が興奮して動き回ったのか判断がつきませんが、呼吸は荒く体もふらふらしていました。
日曜日でかかりつけの獣医さんはお休み、友人から聞いていた日曜日やってる獣医さんのところに急いでいきました。丁寧に見ていただき、鉄も落ち着きました。40分くらいは鉄にとって息苦しい時間が続いたのではないかと思います。鉄の発作はてんかんではなく脳に疾患があるからだということでした。高齢になってからの発作は脳に何らかの疾患がある場合が多いそうです。
今は自宅での仕事中心に、なるべく家にいられるようにしています。わんこたちの近くにいたいです。できるだけ気持ちのいい環境にしてあげたいです。
空気のいい場所に連れてってあげたいです。自宅の周りは電線が高圧線も多く線路も近く、電磁波の影響が大きいと思います。動物は影響を受けやすいそうです(人間もですが・・)時々でも環境をかえ空気の気持ちの良いところに連れていけるよう準備しています。
10月から少し生活時間や環境も変えていきたいと思ってます。わんこたちと気持ちいい時間を過ごしたいです。
この子たちのためなら生活変えられると思います。
鉄の発作_d0132878_22563166.jpg

by ike-felden | 2020-09-17 22:56 | ❤わんこ&ニャンコ